BLOG

食事と温泉満喫一人旅 大分 別府観光

新大阪から新幹線と特急で乗り継いで約4時間。 たどり着いた場所は暖かな日差しが心地よい別府。   この1年、ずっと別府に恋焦がれていました。 その念願の別府に足を運ぶことができたのが11月末のこと。 できる限りの感染症対策を行い、日々の疲れを癒すため足を踏み入れました。     最初に向かったのは駅から少し離れた場所にある「海鮮いづつ」。 到着したころには何人ものお客さんが外で待機していました。 注文したのは海鮮丼。 どんぶりの中に何種類もの海鮮がぎっしり詰められています。 酢飯の割合より海鮮の割合の方が量が多いのではないかと思うほどに豪華でした。 どれから食べようか、次はどれを味わおうかと、考えるだけで楽しかったです。 醤油と酢飯と新鮮な魚、余すことなく味わいました。         次に向かったのは「カフェ プリンセスキティーズ」。 コーヒーや紅茶、サンドウィッチ、ケーキにパフェが有名なお店です。 ドアを開けてすぐケーキが並んでいるのが目に入ります。 アンティークな雰囲気の店内はレトロな喫茶店やヨーロッパの古いカフェを想像させます。 席の中央にある電話ボックスがお店のムードを作っているようにも感じます。 やってきたヨーグルトデザートパフェは大きな器に入っており、上品でありながらも宝石のように輝いていました。 中にはたくさんの冷たいフルーツが入っています。 少なくないのにあっさりとした甘さで、お昼ごはんを食べて間もないのにもかかわらず、あっという間に平らげてしまいました。    ...

秋の秘境散策!奈良の洞川温泉

10月下旬、大阪市内から車で約2時間の奈良の秘境-洞川温泉-(どろがわおんせん)に行ってきました。 正露丸のような効果がある陀羅尼助(だらにすけ)という薬や、名水ごろごろ水が有名です。   お宿に車を停めて、向かったのは-カフェ佐助-。 お店に入るとレトロなカウンター。 マスターが手入れしたオーディオがたくさんありライダーにも人気のありそうな雰囲気でした。 白糖は体を冷やすから、一度カラメルにしてそれを粉にして提供しているそうです。仕入れた生豆を何回も洗ったり、いろいろ研究されていて淹れ方にもこだわりがぎっしり。       洞川温泉周辺にはごろごろ水を使った名水珈琲の看板がありますが、 -カフェ佐助-の珈琲は豆に合わせてごろごろ水を使っていないそうです。 珈琲についてものすごくお話してくださいました。 マスターこだわりいっぱいの珈琲、テイクアウトもあるので是非。       お宿は花あかりの宿柳屋さん。 かりがね橋という吊り橋の近くにあります。 宿のいたる所にお花が飾ってありました。 宿泊したお部屋は、部屋を隔てる扉が襖や障子! ホテルとは違ってそれもまた風情がありました。 翌朝のお料理は、運良く囲炉裏の席に。 美味しいお水で炊かれたご飯は格別で3杯もおかわりしてしまいました。       その後、ごろごろ水を汲みに行きました。 宿から25分くらい歩けば、歩きの人は無料で名水を汲むことができます。 空の2リットルのペットボトルを用意して歩いていきました。...